おはようございます。
金本祐介です。

先日、あるセッションを行いました。

私にとっても初めての内容でした。

Tさんの主張です。

とにかく自分自身が嫌い。好きなところは何一つない。

生きていくのが辛い。親に苦労をかけている。

いつかは死ぬのにどうして生まれてきたのか。

受精するまでにどうしてあんなに一生懸命苦労して精子が卵子まで辿り着こうとしているのかが意味分からない。その受精で生まれてきたのは私。

安楽死できないか、何も考えたくない。


このような内容でした。

自分に対して否定的で、少しでも幸せに対しての思考を持ってもらおうと心掛けていましたが、いつの間にか私自身が誘導しているのに気付き、いったん思考をゼロにしました。

私が心が限界までいっちゃった時も同じような思考を持っていたのかもしれません。

しかし、Tさんのような受精から出生までのプロセスに関しては、考えたこともなかったのです。

隣の精子が先に受精していたら今の自分は存在しなかった。

とも言っていました。

私はいつの間にかTさんの世界観に引き込まれてしまいました。

Tさんは、数多くセッションを受けてきた中で、私みたいに食いつく人は過去にいなかったそうで、私以外の人はみな、口を揃えて、

生きてきたのには何か使命がある。

この世に生を受けただけでも奇跡。

自分が嫌いと言っている中で一つだけ好きになれるものがらあるなら何?

これから楽しいことが必ず現れる。

というアドバイスがあったそうです。

私が闘病中、人への拒絶感が強かったのもあり誰にも相談することはできなかったのですが、Tさんの気持ちはすごく分かりました。

完全に自己否定している状態で、プラス思考には一切なれないということです。

だから、私はTさんにこのようなコーチングをすることは、思考をリセットしてからは一切やめました。

ただ私とTさんとの大きな違いは、

セッションを受ける!

という意思決定をした!ということです。

すなわち、

SOSのサイン

まじ最初に始めたことは、

自分のどういうところが嫌いなのか??

という質問をしていきました。


最初は、

すべて嫌いです。

という回答が。


そこから具体的に??

とどんどん細分化していきました。

顔→どの部分が?

身体→どの身体が??

性格→どういったところが??


話を聞いていくと、あることが分かってきたのです。

これらのコンプレックスは、複数人の人たちから言われたことでした。

ここ最近だけではなくて、幼少期からの記憶がそのまま現在もなお引きずっていたのです。


少しでもこれらのコンプレックス改善のため、Tさん自身も髪型を変えたり、ダイエットしたり、相手のことをおもいやったりという努力をしてきているということも分かってきました。

ただ、これらの努力をしても、行為を持つ人に振られ続けたり、その結果、

「やっぱし自分はどんなに努力をしても成果を掴み取ることが人間なんだ。努力してきた意味なんてない。どうして生まれてきたのか??」

と自己否定しつづけていたのです。


しかしながら、

「死にたい」

と言っていても趣味がたくさんあるのも分かってきました。

●食べ歩き
●写真撮影
●旅行

さて、本当に死にたいと思っているのに、これらの趣味に対しては積極的に日々満喫できるのでしょうか??

という疑問が湧いてきたのです。


Tさんの場合は、すべてを一つに考え、割合が高い方(自己否定)だけを受け入れて、楽しい時の自分を忘れていたのです。


私は、Tさんの持つ人格を分解していくことにしました。

自己否定は、思い込み。
趣味は、ストレス(楽しいという良い意味でのストレス)

そして、

未来への質問。


将来、心から愛するパートナーが現れた時、どこに行きたいのか?何を一緒に食べたいのか?どこに住みたいのか?

などの質問をどんどんしていきました。


すると明らかに表情に大きな変化が表れてきたのです。

常に微笑んでいる!!

アッ、という間に3時間のセッションンが終わりました。


また来月セッションを再開していきます。



人間の脳は、想像脳(バーチャル脳)と現在脳を分けて考えることができず、すべて今ある出来事だと識別してしまいます。


たとえば、すっぱいレモンをかぶりつく姿を想像したとします。


すると口の中から唾液が出てきます。

しかし、実際には目の前にはレモンはないのです。

脳が勘違いを起こしているのです。


どんな形であれ、少しでも楽しく、幸せに思える未来を想像してみてはいかがでしょうか??


それでは、著書を購入いただいた方々の紹介です。
   

田中さん、阪田さん、松本さん、吉田君、河中さん















宮平さん、梅田君、ごんちゃん





手売り販売合計実績293冊/目標手売り販売1000冊